Kids(キッズ)エネルギア
  • 知る・学ぶ知る・学ぶ
  • 自由研究自由研究
  • 楽しむ楽しむ
  • なん電だろう?調査隊なん電だろう?調査隊

電気はどうやってできるの?

発電のしくみ

火力発電

火力発電のしくみ

火力発電のしくみ

石油,石炭,天然ガスなど

火力発電では,石油,石炭,天然ガスなどを使って水を沸騰させて水蒸気を作ります。それらはほとんどの場合,船で運ばれてきます。

煙突えんとつ

燃料を燃やした時に発生する,酸性雨の原因となるものを取り除いた煙が出てきます。
高い煙突は地上200mに達します。

水蒸気すいじょうき

火力発電の場合,水蒸気の温度は約600℃,圧力は約250気圧になった状態で使用します。

ボイラ

ボイラでは,石炭や重・原油などの燃料を燃焼し,その熱でボイラ内にある何万本という管(チューブ)の中を流れる水を熱して高温・高圧の蒸気をつくり,蒸気タービンへ送ります。

ボイラ(据え付け前)

発電機

タービンに直接つながっている発電機が回転して約2万ボルトの電気を発生させます。発電機でできた電気を無駄なく送るため,変圧器で11万ボルト~22万ボルトに電圧を上げて送電します。

タービン

ボイラ,火力発電は蒸気の力でタービンを回し発電します。ボイラでつくられた高温・高圧の蒸気は,タービンを回し,タービンと連結している発電機が回転して電気を起こします。

タービンと発電機

復水器ふくすいき

復水器は,タービンを回し終えた蒸気を海水を使って冷やして,再び水に戻すところです。
冷たい海水が通るチューブ状の管のまわりを,蒸気が通ることによって蒸気の温度が下がります。

石油,石炭,天然ガスなどの燃料(化石燃料といいます)を燃やして作った高温・高圧の蒸気で,発電機につながれたタービンの羽根を回転させて発電する方法です。

日本では,火力発電が1887年(明治20年)に,東京で始まりました。

三隅発電所

火力発電の種類

火力発電は,構造こうぞうの違いによってさまざまな種類があります。

汽力きりょく

燃料を燃やして作った高温・高圧の蒸気でタービンを回して発電する方式です。
地熱発電も同じ方式です。

【ガスタービン】

燃料(灯油,軽油,LNGなど)を燃やした燃焼ガスでタービンを回して発電する方式です。
高出力なので,ピーク時の電力需要に対応しています。

【LNGコンバインドサイクル】

ガスタービンと蒸気タービンを組み合わせた発電方式です。
熱効率が高く,短時間で運転・停止できるのが特長で,電力需要の増減に応じて発電できます。

【内燃力】

ガソリンエンジン,ディーゼルエンジンなどの内燃機関による発電方式です。
島などの小規模発電で利用されます。

特徴

・原料の輸送や貯蔵がしやすい(石油)
・原料の埋蔵量まいぞうりょうが多く,世界の広い地域でとれる(石炭)
・熱量が大きいため,大きな電力をつくれる
地球温暖化ちきゅうおんだんか原因げんいんとなる二酸化炭素や,大気汚染たいきおせんの原因となる窒素ちっそ酸化物,硫黄いおう酸化物,すす,ちりなどを大気中に出さないための対策たいさくが必要

火力発電所の運転

火力発電所では,中央制御室ちゅうおうせいぎょしつと呼ばれるコントロールルームで,機械などの様子を24時間体制でチェックしながら電気を送りつづけています。

自然との調和を考えた発電所

発電所では,出来るだけまわりの自然とのバランスを考えて,建物の色づかいや建つ位置などを決めています。

発電所へーえ!

新小野田発電所では,地上200mある煙突の途中の地上50mに,巣箱を設置しました。そこには,環境省より絶滅が危ぶまれている動物に定められている「ハヤブサ」が繁殖しています。

page top