Kids(キッズ)エネルギア
  • 知る・学ぶ知る・学ぶ
  • 自由研究自由研究
  • 楽しむ楽しむ
  • なん電だろう?調査隊なん電だろう?調査隊

放射線ってなあに?

放射線の歴史と利用

レントゲンとX線写真

1895年,ドイツのヴィルヘルム・レントゲンは,放射線(X線)を発見しました。放射線は目に見えず,物を通り抜ける性質を持っています。X線写真として医学に利用されるようになりました。初めてのX線写真で,レントゲン夫人の手の骨と指輪がくっきりと写っています。

【ヴィルヘルム・レントゲン】

1845~1923。ドイツの物理学者。1895年,陰極管の実験中,陰極管から強力な電磁波が出ていることを偶然発見し,正体のわからないこの電磁波を「X線」と名づけました。翌年,レントゲンは公開実験を行い,X線を人間の手(夫人の手)に照射して指の骨を撮影し,人々を驚かせました。X線の発見をきっかけに,ラジウムの発見や放射線の研究などの「原子物理学」へとつながっていきました。1901年,レントゲンは第1回ノーベル物理学賞を受賞しました。

レントゲンは第1回のノーベル賞をもらった人なんだ。

マリー・キュリー

1898年,マリー・キュリーはラジウムとポロニウムの分離に成功しました。ラジウムはガン治療に使われるようになりました。

マリー・キュリー

【マリー・キュリー】

1867~1934。ポーランドの物理学者・化学者。ソルボンヌ大学を卒業,夫ピエール・キュリーとともに何トンもの鉱石をくだいて,放射能を持つものを取り出すという作業を4年も続け,ラジウムとポロニウムという2つの新しい放射性元素を発見しました。マリー・キュリーの功績をたたえ,放射能の単位は「キュリー」となりました(現在使われている放射能の単位はベクレル)。キュリー夫妻は1903年にノーベル物理学賞を受賞,マリー・キュリーは1911年にノーベル化学賞を受賞しました。

page top