「キッチンまわり」編

電気冷蔵庫

冷蔵庫のイラスト

熱いものは冷ましてから保存

温かいカレーやシチューなどをそのまま冷蔵庫に入れると庫内温度が上昇します。
冷ましてから入れましょう。

省エネ効果

ものを詰め込みすぎない。
年間で電気43.84kWhの省エネ
→約1,180円の節約
→CO2約25.6kgの削減

詰め込んだ場合と半分にした場合の比較

無駄な開け閉めをしない。
年間で電気10.4kWhの省エネ
→約280円の節約
→CO2約6.1kgの削減

JIS開閉試験*の開閉を行った場合と,その2倍の回数を行った場合との比較
JIS開閉試験
冷蔵庫は12分ごとに25回,冷凍庫は40分ごとに8回で開放時間はいずれも10秒

設定温度は適切に。
年間で電気61.72kWhの省エネ
→約1,670円の節約
→CO2約36.1kgの削減

周囲温度22℃で,設定温度を「強」から「中」にした場合

開けている時間を短く。
年間で電気6.1kWhの省エネ
→約160円の節約
→CO2約3.6kgの削減

開けている時間が20秒の場合と10秒の場合の比較

壁から適切な間隔で設置。
年間で電気45.08kWhの省エネ
→約1,220円の節約
→CO2約26.4kgの削減

上と両側が壁に接している場合と,片側が壁に接している場合の比較

冷蔵庫に物を詰め込みすぎているイラスト

冷蔵庫の中を整理しましょう!

野菜の保存温度には適温があります。冷蔵庫に入れなくても良い野菜もあるので,確認してみましょう。

野菜保存の適温のイラスト

炊飯器の保温と電子レンジの温め直しはどちらが省エネ?

ご飯を炊飯器で保温するのは4時間までが目安です。保温のためのエネルギーより,電子レンジで温め直すエネルギーの方が少なくなります。

ごはん温め直しのイラスト

電気ポット

電気ポットのイラスト

保温するなら低めの温度設定で

低めの温度で保温して必要な時に再沸騰させましょう。

省エネ効果

長時間使用しないときはプラグを抜く。
年間で電気107.45kWhの省エネ
→約2,900円の節約
→CO2約62.9kgの削減

ポットに満タンの水2.2Lを入れて沸騰させ,1.2Lを使用後,6時間保温状態にした場合と,プラグを抜き, 保温せずに再沸騰させた場合の比較

コンセントからプラグを抜いているイラスト

※  お使いの電気製品の性能・特性によっては省エネ方法が異なります。製品カタログ等でご確認ください。

 

※  省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」の省エネ試算値を基に当社データで算出
電気料金 27円/kWh (全国家庭電気製品公正取引協議会 「新電力料金目安単価」)
CO2排出係数 0.585kg-CO2/kWh(2019年度の当社実績値,固定価格買取制度等に係る調整やCO2排出クレジットを反映した数値)