「水まわり・清掃」編

洗濯機

洗濯機のイラスト

洗剤は適量を使いましょう

洗剤はたくさん入れすぎても洗浄力のアップにはなりません。洗剤が多すぎるとすすぎの水量が余分に必要になります。洗剤は適量を心がけましょう。

省エネ効果

洗濯物はまとめ洗いを。
年間で電気5.88kWhの省エネ
→約160円の節約
→CO2約3.4kgの削減

定格容量(洗濯・脱水容量:6kg)の4割を入れて洗う場合と8割を入れて洗う場合との比較

洗濯機に洗濯物を入れているイラスト

掃除機

掃除機のイラスト

ほうきも利用してみましょう

ちょっとしたゴミやホコリが気になる時にはほうきを利用してみましょう。
手軽に掃除ができて使うエネルギーもゼロです。

省エネ効果

部屋を片付けてから掃除機をかける。
年間で電気5.45kWhの省エネ
→約150円の節約
→CO2約3.2kgの削減

利用する時間を,1日1分間短縮した場合

集塵パックは適宜取替えを。
年間で電気1.55kWhの省エネ
→約40円の節約
→CO2約0.9kgの削減

パックいっぱいにごみが詰まった状態と未使用のパックを比較

子供が部屋を片付けた後に母親が掃除機をかけているイラスト

温水洗浄便座

温水洗浄便座のイラスト

温水洗浄便座の選び方

【貯湯式】
タンク内の水をヒーターで温める方式。一度にたっぷりのお湯で洗浄できますが,お湯を保温しておくための電力が必要です。

【瞬間式】
タンクがなく,使用時に水を瞬間湯沸器で温めます。保温が不要なので消費電力は貯湯式より少なくてすみますが,お湯の量が限られ,瞬間的に大きな電力が必要になります。

省エネ効果

使わないときはフタを閉める。
年間で電気34.9kWhの省エネ
→約940円の節約
→CO2約20.4kgの削減

フタを閉めた場合と,開けっ放しの場合との比較(貯湯式)

便座暖房の温度は低めに。
年間で電気26.4kWhの省エネ
→約710円の節約
→CO2約15.0kgの削減

便座の設定温度を中から低に下げた場合 (貯湯式)
(冷房期間は便座暖房をOFFにしています。)

洗浄水の温度は低めに。
年間で電気13.80kWhの省エネ
→約370円の節約
→CO2約8.1kgの削減

洗浄水の設定温度を年間,中から低に下げた場合 (貯湯式)
(暖房期間:周囲温度11℃ 中間期:周囲温度18℃ 冷房期間:周囲温度26℃)

男性が人差し指を振っているイラスト

※  お使いの電気製品の性能・特性によっては省エネ方法が異なります。製品カタログ等でご確認ください。

 

※  省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」の省エネ試算値を基に当社データで算出
電気料金 27円/kWh (全国家庭電気製品公正取引協議会 「新電力料金目安単価」)
CO2排出係数 0.585kg-CO2/kWh(2019年度の当社実績値,固定価格買取制度等に係る調整やCO2排出クレジットを反映した数値)