「照明・情報機器」編

照明器具

照明のイラスト

器具を掃除して,本来の明るさを取り戻す

照明器具が汚れていると,明るさが低下します。こまめに掃除を心がけましょう。

省エネ効果

電球形蛍光ランプに取り替える。
年間で電気84kWhの省エネ
→約2,270円の節約
→CO2約49.1kgの削減

54Wの白熱電球から12Wの電球形蛍光ランプに交換した場合

点灯時間を短く。

白熱電球の場合

年間で電気19.71kWhの省エネ
→約530円の節約
→CO2約11.5kgの削減

54Wの白熱電球1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

蛍光ランプの場合

年間で電気4.38kWhの省エネ
→約120円の節約
→CO2約2.6kgの削減

12Wの蛍光ランプ1灯の点灯時間を1日1時間短縮した場合

電球形LEDランプに取り替える。
年間で電気90kWhの省エネ
→約2,430円の節約
→CO2約52.7kgの削減

54W形の一般電球から同じ明るさの電球形LEDランプ
(一般電球型約9Wに交換した場合(1日5.5時間点灯))
参考:住まいの照明省エネBOOK(編:「あかりの日」委員会)

子供が部屋の明かりを消しているイラスト

テレビ

テレビのイラスト

ゲームが終わったらテレビも“オフ”に

テレビゲーム機の電源を消すと画面に何も映らなくなるので,テレビも消したと思いがちです。この状態ではテレビの電源はオンのままです。必ずテレビの電源もオフにしましょう。

省エネ効果

テレビを見ない時は消す。

液晶の場合

年間で電気16.79kWhの省エネ
→約450円の節約
→CO2約9.8kgの削減

1日1時間テレビ(32V型)を見る時間を減らした場合

画面は明るすぎないように。

液晶の場合

年間で電気27.1kWhの省エネ
→約730円の節約
→CO2約15.9kgの削減

テレビ(32V型)の画面の輝度を最適(最大→中央)に調節した場合

テレビが消えているか指差し確認しているイラスト

パソコン

パソコンのイラスト

買い換え時には省エネ性能にも注目

パソコンなどのOA機器の中には「国際エネルギースターロゴ」がついているものがあります。待機している状態が一定時間経過すると省エネモードに自動的に切り替わる機能をもっています。購入する時にはこれを目印にしてみましょう。

省エネ効果

使わない時は電源を切る。

デスクトップの場合

年間で電気31.57kWhの省エネ
→約850円の節約
→CO2約18.5kgの削減

利用時間を1日1時間短縮した場合

ノートの場合

年間で電気5.48kWhの省エネ
→約150円の節約
→CO2約3.2kgの削減

利用時間を1日1時間短縮した場合

電源オプションの見直しを。

デスクトップの場合

年間で電気12.57kWhの省エネ
→約340円の節約
→CO2約7.4kgの削減

電源オプションを「モニタの電源をOFF」から
「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週,52週)

ノートの場合

年間で電気1.5kWhの省エネ
→約40円の節約
→CO2約0.9kgの削減

電源オプションを「モニタの電源をOFF」から
「システムスタンバイ」にした場合(3.25時間/週,52週)

子供が人差し指を振っているイラスト

※  お使いの電気製品の性能・特性によっては省エネ方法が異なります。製品カタログ等でご確認ください。

 

※  省エネルギーセンター「家庭の省エネ大事典」の省エネ試算値を基に当社データで算出
電気料金 27円/kWh (全国家庭電気製品公正取引協議会 「新電力料金目安単価」)
CO2排出係数 0.585kg-CO2/kWh(2019年度の当社実績値,固定価格買取制度等に係る調整やCO2排出クレジットを反映した数値)