岩国発電所の廃止について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

岩国発電所の廃止について

 当社は,2020年6月を目途に,岩国発電所を廃止することといたしました。

 同発電所は,1966年に1号機が営業運転を開始して以降,1972年に2号機,1981年に3号機が営業運転を開始し,合計出力107万kWの石油火力発電所として中国地域の電力の安定供給の一翼を担ってまいりました。
 その後,1号機は,設備の経年化に伴い1989年に廃止し,至近では,電力需要の減少に伴い,2,3号機についても, 需給逼迫時のバックアップ電源と位置付けて2018年2月から不稼働としていましたが,電力の需給状況を踏まえると,発電単価が高い石油火力である同発電所については今後も稼働が見込めないことから,固定費削減による当社保有電源の競争力強化を図るため,廃止せざるを得ないと判断したものです。

 1号機の建設段階から約60年の長きに亘り,同発電所の運営にご理解・ご協力をいただいた地域の皆さまをはじめ,多くの関係者の方々に深く感謝申しあげます。

 

(参考)岩国発電所の概要

位置 岩国市藤生町一丁目1番1号
ユニット 2号機 3号機
出力 35万kW 50万kW
主要燃料 重油・原油
運転開始 1972年4月 1981年9月
現状 2018年2月からバックアップ運用

 

※1号機は廃止済み(1989年3月)

出力 22万kW
主要燃料 重油・原油
運転開始 1966年4月

以上