電力の需給状況と節電へのご協力のお願いについて(続報)

報道資料

中国電力株式会社
中国電力ネットワーク株式会社

電力の需給状況と節電へのご協力のお願いについて(続報)

 昨年12月下旬以降,全国的に厳しい寒さが続いており,例年に比べ,電力需要が大幅に増加しております。中国エリアにおいても,1月8日には最大電力が冬季としては過去最高を記録しました。一方,供給面では,悪天候により太陽光発電等の発電量が低下する日も少なくありません。

 両社においては,電力需給対策本部を設置し,日ごろ稼働していない高経年化火力を含めたあらゆる発電所をフル稼働させるなど,供給力の確保に全力を尽くすとともに,電力広域的運営推進機関と連携しながら他の一般送配電事業者から電力の融通を受けるなど,安定供給の確保に最大限の対策を講じているところです。

 しかしながら,天候不順や厳しい寒さは今後も続くことが予想され,太陽光発電からの発電量も多くは見込めない状況です。また,高経年化火力発電所の稼働に伴いトラブルが発生するリスクや,火力発電の発電量の増加に伴い発電用燃料の在庫が少なくなるリスクが高まっている状況です。(2021年1月10日お知らせ済み
 こうした中,本日も厳しい寒さが続き,電力需要が想定を上回って推移しており,今後,電力需給がさらに悪化することが懸念されます。

 皆さまには大変ご迷惑とご心配をお掛けし,誠に申し訳ありませんが,寒波の中での暖房等のご利用はこれまで通り継続していただきながら,日常生活に支障のない範囲で,照明やその他電気機器のご使用を控えるなど,電気の効率的な使用※1にご協力いただきますようお願いいたします。

 中国エリアの需給状況については,中国電力ネットワーク株式会社のHPに掲載している「でんき予報※2」をご確認ください。

※1 経済産業省資源エネルギー庁「省エネポータルサイト」
https://www.enecho.meti.go.jp/category/saving_and_new/saving/

※2 中国電力ネットワーク「でんき予報」
https://www.energia.co.jp/nw/jukyuu/

以上