2021年度 決算について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

2021年度 決算について

連結業績概要(2021年4月1日~2022年3月31日)

 売上高(営業収益)は、「収益認識に関する会計基準」の適用により、再生可能エネルギー固定価格買取制度に係る収益の計上方法が変更となったことなどから、1兆1,366億円と前年度に比べ1,708億円の減収となりました。

 営業損益は、燃料価格が年度当初から上昇を続け、燃料費調整制度の大幅な期ずれ差損が生じたことなどから、607億円の損失となり、前年度に比べ950億円の減益となりました。

 支払利息などの営業外損益を加えた経常損益は618億円の損失となり、前年度に比べ919億円の減益となりました。

 渇水準備金を取崩し、特別利益を計上して、法人税などを控除した結果、親会社株主に帰属する当期純損益は397億円の純損失となり、前年度に比べ542億円の減益となりました。

(単位:億円、未満切捨)

区分当年度前年度差引増減率
売上高 11,366 13,074 △ 1,708 △ 13.1%
営業利益 △ 607 342 △ 950
経常利益 △ 618 300 △ 919
親会社株主に帰属する当期純利益 △ 397 145 △ 542

※「収益認識に関する会計基準」の適用及び同会計基準を踏まえて改正された「電気事業会計規則」の適用により、売上高(営業収益)は3,361億円、営業費用は3,359億円それぞれ減少しております。なお、利益への影響は軽微です。


以上

添付資料