放射性廃棄物処理実績(過去5年間)

放射性気体・液体廃棄物

放射性物質を含んだ気体・液体の廃棄物は発電所建物内の廃棄物処理設備で安全に処理し,一部については安全を確認したうえで放出します。

放射性物質を含んだ気体・液体の処理

放射性物質を含んだ気体・液体の処理(説明図)

廃棄物の種類 放出管理目標値 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
気体廃棄物 希ガス 年間
4.0×1014Bq
(8.4×1014Bq)
N.D N.D N.D N.D N.D
ヨウ素 年間
2.2×1010Bq
(4.3×1010Bq)
N.D N.D N.D N.D N.D
液体廃棄物
(トリチウムを除く)
年間
4.9×1010Bq
(7.4×1010Bq)
N.D N.D N.D N.D N.D

注1 N.D(Not Detectable);検出限界以下

  • 希ガスの検出限界濃度は,2×10-2Bq/cm3以下
  • よう素131の検出限界濃度は,7×10-9Bq/cm3以下
  • よう素133の検出限界濃度は,7×10-8Bq/cm3以下
  • 液体廃棄物の検出限界濃度は,2×10-2Bq/cm3以下
    (60Coで代表した)

注2 放出管理目標値の( )内数値は,島根1号機の廃止措置計画認可(2017年4月19日認可)以前の目標値

放射性固体廃棄物

発電所で発生した固体廃棄物は,発電所内の固体廃棄物貯蔵所で適切に保管しています。

・固体廃棄物= 発電所で使用したフィルターや作業に使った紙,布等を圧縮・焼却したものをドラム缶に詰めたもの。低レベル放射性廃棄物。

固体廃棄物貯蔵所(写真)

固体廃棄物貯蔵所

貯蔵所内(写真)

貯蔵所内

放射性物質を含んだ固体の処理

放射性物質を含んだ固体の処理(説明図)

(単位:200リットルドラム缶相当本数)

年度 2016年度 2017年度 2018年度 2019年度 2020年度
発生量 3,778 3,336 3,128 2,645 3,182
焼却等減容量 2,433 2,187 1,876 1,618 1,639
搬出減少量 0 0 440 416 880
年度末保管量 33,145 34,294 35,106 35,717 36,380
保管容量 45,500 45,500 45,500 45,500 45,500

搬出による減少量は,青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに運び出したものです。1993年度から搬出を開始し,累積本数は,20,368本です。(2020年度末現在)

日本原燃(株)低レベル放射性廃棄物埋設センター(青森県六ヶ所村)への搬出量

(単位:200リットルドラム缶相当本)

搬出回数 搬出年月 搬出量 累計本数
1 1993年7月 1,600 1,600
2 1994年7月 1,280 2,880
3 1995年7月 1,600 4,480
4 1996年7月 1,600 6,080
5 1997年5月 1,600 7,680
6 1998年6月 1,600 9,280
7 1999年6月 1,080 10,360
8 2004年10月 888 11,248
9 2005年9月 1,280 12,528
10 2006年9月 1,280 13,808
11 2007年9月 1,040 14,848
12 2009年6月 1,280 16,128
13 2011年5月 1,280 17,408
14 2012年6月 616 18,024
15 2013年6月 608 18,632
16 2019年3月 440 19,072
17 2019年10月 376 19,448
18 2020年3月 40 19,488
19 2021年3月 880 20,368

高レベル放射性廃棄物

 海外で使用済燃料を再処理した後,発生した高レベル放射性廃棄物は,ガラス固化体にして,順次日本に返還され,青森県六ヶ所村にある日本原燃(株)の高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センターに貯蔵しています。

日本原燃(株)高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター(写真)

日本原燃(株)
高レベル放射性廃棄物貯蔵管理センター

ガラス固化体(写真)

ガラス固化体

ガラス固化体

ガラス固化体の大きさは,直径約43cm,高さ約134cmで,重さ約0.5tです。
使用済燃料1トンからガラス固化体(高レベル放射性廃棄物)約1.25本が生成されます。
なお,使用済燃料1トンはBWR燃料集合体で約6体に相当します。

返還回数 返還時期
「年月」
(日本到着)
返還本数 再処理工場
日本全体 うち中国電力分
第1回返還 1995年4月  28本  0本 フランスCOGEMA社
第2回返還 1997年3月  40本  0本 フランスCOGEMA社
第3回返還 1998年3月  60本  0本 フランスCOGEMA社
第4回返還 1999年4月  40本  0本 フランスCOGEMA社
第5回返還 2000年2月 104本 10本 フランスCOGEMA社
第6回返還 2001年2月 192本  0本 フランスCOGEMA社
第7回返還 2002年1月 152本 10本 フランスCOGEMA社
第8回返還 2003年7月 144本 0本 フランスCOGEMA社
第9回返還 2004年3月 132本 14本 フランスCOGEMA社
第10回返還 2005年4月 124本 9本 フランスCOGEMA社
第11回返還 2006年3月 164本 0本 フランスAREVA NC社
第12回返還 2007年3月 130本 0本 フランスAREVA NC社
第13回返還 2010年3月 28本 0本 イギリスSellafield Ltd社
第14回返還 2011年9月 76本 0本 イギリスSellafield Ltd社
第15回返還 2013年2月 28本 7本 イギリスSellafield Ltd社
第16回返還 2014年4月 132本 20本 イギリスSellafield Ltd社
第17回返還 2015年9月 124本 0本 イギリスSellafield Ltd社
第18回返還 2016年10月 132本 0本 イギリスSellafield Ltd社
合計 1,830本 70本
(注)2006年3月に「COGEMA」から「AREVA NC」に商標変更
2018年2月に「AREVA NC」から「Orano Cycle」に商標変更
2021年1月に「Orano Cycle」から「Orano Recyclage」に商標変更