コンプライアンスの推進への取り組み

  当社は,過去の不適切事案の教訓を風化させず,二度と繰り返さないという強い決意に立ち,役員の率先垂範のもと,グループを挙げて,コンプライアンス最優先の経営を推進しています。

※コンプライアンス…当社におけるコンプライアンスとは,単に「法律や社内ルール・マニュアル等を守ること」だけではなく,「倫理・道徳を含めた社会的な規範を大切にし,守ること」をいう。

(更新情報)

コンプライアンス経営推進宣言
  当社は,2006年秋以降に判明した発電設備に係る一連の不適切事案の反省を踏まえ,2007年6月に「あらゆる業務運営において,コンプライアンスを最優先に進める」ことを経営の基本とすることとし,その決意・姿勢を「コンプライアンス経営推進宣言」として表明しました。
  また,役員および各事業本部・事業部門・部門,事業所などの各組織の責任者が,コンプライアンス経営推進に率先して取り組むことなどについて,「コンプライアンス経営推進誓約書」に署名し,誓約しています。
コンプライアンス推進体制
  コンプライアンスの推進については,会長の監督ならびに社長の統括のもと,コンプライアンス推進部門長が総括しており,専任部署であるコンプライアンス推進部門において,全社のコンプライアンス推進計画の策定・評価・改善をはじめ,コンプライアンス研修等の諸施策を実施しています。
中国電力企業倫理綱領
  エネルギアグループ企業行動憲章で掲げる行動原則「コンプライアンス経営の推進」を役員の率先垂範のもと,全社を挙げて取り組んでいくため,役員の責務や社員としてとるべき行動とは何かを「中国電力企業倫理綱領」に定めています。