コーポレートガバナンス

  当社グループは,複雑化・多様化する社会の要請に的確に応えていくことで,企業価値向上と持続的成長を実現することを目指しております。そのためには,経営の透明性・公正性の維持・向上,経営環境の変化に対する迅速・果断な意思決定を行うことができる体制の構築が重要であり,以下のとおりコーポレートガバナンスに関する基本方針を定め,その充実・強化に継続的に取り組んでまいります。

基本方針

1. 株主の権利・平等性の確保
 当社は,株主のみなさまの権利が確保されるよう適切に対応するとともに,株主のみなさまがその権利を適切に行使できる環境整備を進める。
2. 株主以外のステークホルダーとの適切な協働
 当社グループの使命は,社会からの信頼を基盤に,健全な事業活動を通じて社会に有用な価値を創造し,成長していくことで,持続可能な社会の実現に貢献することである。こうした認識のもと,幅広いステークホルダーとの適切な協働に取り組む。
3. 適切な情報開示と透明性の確保
 当社は,財務情報のみならず,経営戦略・経営課題,リスクやガバナンスなどの非財務情報についても,適時・的確に開示し,経営の透明性を図る。
4. 取締役会の責務
 取締役会は,株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ,当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上に向け,社外取締役による外部の視点を取り入れながら,経営戦略の策定・実行,内部統制システムの整備・運用等による経営の監督および適切なリスク管理をしていくことで,その役割・責務を適切に果たす。
5. 株主との対話
 当社は,株主・投資家のみなさまを企業価値向上を目指して事業展開を図る上での重要なパートナーと考えており,当社を取り巻く経営環境や財務の状況,将来に向けた経営戦略等に関する情報を,適時・的確に提供するとともに,双方向のコミュニケーションの充実を図る。
当社のコーポレートガバナンス体制(2021年3月現在)

当社のコーポレートガバナンス体制(2020年7月現在)

コーポレート・ガバナンスに関する報告書(2021年3月30日) [PDF:264KB]