社長メッセージ

株主・投資家の皆さまへ

  株主・投資家の皆さまには,平素から格別のご高配を賜り,厚くお礼申しあげます。

  当第2四半期の連結収支につきましては,減収・増益となりました。
  売上高につきましては,競争進展に加え,新型コロナウイルス感染症の影響に伴う生産活動の停滞などによる小売販売電力量の減少により,電気料金収入が減少したことなどから,前年同期に比べ減収となりました。
  経常利益につきましては,経営全般にわたる効率化の取り組みに加え,燃料費調整制度の期ずれ影響が改善したことや出水増などにより,前年同期に比べ増益となりました。
  親会社株主に帰属する四半期純利益につきましては,原子力発電工事償却準備引当金の全額を取り崩した前年同期に比べ減益となりました。

  中間配当につきましては,安定配当の実施を基本とする方針に基づき,1株につき25円とさせていただきました。

  当社は,新たなグループ経営ビジョン「エネルギアチェンジ2030」のもと,安全確保を大前提に島根原子力発電所2号機・3号機の早期再稼働・運転開始に向けた対応を進めるとともに,エネルギーに関する多様なニーズに対して付加価値の高いサービスを提供していくことなどにより,既存事業の強化・進化に取り組んでまいります。また,海外事業や再生可能エネルギー導入拡大をはじめとし,更なる成長に向けて幅広く新たな事業へ挑戦してまいります。

  競争進展や新型コロナウイルスの動向など,今後の経営環境を見極めながら,柔軟に対応していくとともに,新ビジョンの実現を目指して企業価値の向上と持続的成長に向けて取り組むことにより,株主の皆さまのご期待にお応えすることができるよう努めてまいります。

  株主・投資家の皆さまにおかれましては,今後とも格別のご理解とご支援を賜りますようお願い申しあげます。

2021年1月

代表取締役 社長執行役員 清水 希茂