太陽光発電設備の新増設申込時のご提出書類の追加について

2019年9月13日
中国電力株式会社

  当社は,太陽光発電設備および風力発電設備の接続済出力の増加に伴い,再生可能エネルギーの出力制御に向けた準備を実施しております。
  このたび,太陽光発電用の出力制御機能付パワーコンディショナ(PCS)の製品化が開始されたこと等を踏まえ,2019年10月1日以降,10kW以上の太陽光発電設備につきましては,新増設申込時に「出力制御機能付PCSの仕様確認依頼書※1[Word:478KB]」,連系工事完了後に「出力制御機能付PCSの設置(切替)完了届[Word:482KB]」をご提出いただく取扱いに変更※2させていただきますので,お知らせいたします。なお,風力発電設備につきましては,自動制御装置への設備切替は個別の対応となり時間を要すことから,別途お知らせいたします。

当社といたしましては,引き続き,電力の安定供給に万全を期しながら,再生可能エネルギーの最大限の活用と導入に努めてまいります。

※1:新増設申込時にご提出がない場合も受付はさせていただきますが,連系申込みを承諾し「系統連系に係る契約のご案内」を発行するには当該書類の提出が必要となります。

※2:特別高圧66kV以上で当社送配電系統へ連系する太陽光発電設備につきましては,出力制御情報受信装置等の設置に関して,個別に協議させていただきますので,出力制御機能付PCS仕様確認依頼書のご提出は不要です。

以上

参考資料