再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業への参画について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業への参画について

 当社は,経済産業省資源エネルギー庁が公募する「令和3年度 蓄電池等の分散型エネルギーリソースを活用した次世代技術構築実証事業費補助金(再生可能エネルギー発電等のアグリゲーション技術実証事業のうち再生可能エネルギーアグリゲーション実証事業)」に申請し,この度採択されましたのでお知らせします。本事業において当社は,東芝ネクストクラフトベルケ株式会社を幹事会社としたコンソーシアムに再エネアグリゲーター※1として参画します。

 本事業は,変動性の高い太陽光発電等の再生可能エネルギー発電設備と,蓄電池等の分散型エネルギーリソースを組み合わせ,需給バランスを確保するための発電量予測とリソース制御技術などの実証を行うことで,安定的かつ効率的な電力システムの構築と再生可能エネルギーの普及拡大を図ることを目的としています。

 当社は,当社およびグループ企業の株式会社エネルギア・ソリューション・アンド・サービスが保有する複数地点の太陽光発電所と蓄電池システムを組み合わせ,太陽光発電の供給計画と実績の一致や市場取引での収益拡大に向けた蓄電池制御に取り組みます。これにより,2022年4月から導入されるFIP制度※2への対応など,アグリゲーション事業の展開に必要な技術や運用に関する知見の獲得を目指すとともに,経済性の検証を行います。

 当社グループは,地域のカーボンニュートラルや脱炭素社会の実現に向け,今後もサービスの開発・向上に取り組んでまいります。

※1 再エネアグリゲーターとは,太陽光発電などの再生可能エネルギーを束ね,蓄電池システムなどと組み合わせて需給管理を行い,再生可能エネルギー発電事業者に代行して,電気の供給を行う事業者。

※2 FIP(Feed-in-Premium)制度とは,再生可能エネルギー発電事業者が発電した電気を卸電力取引市場や相対取引で売電した場合に,割増金(プレミアム価格)として補助金を上乗せする制度。

以上