EVや蓄電池による分散型エネルギー活用実証試験の開始について

報道資料

分散型エネルギー活用実証プロジェクトチーム
 山口県
 山口大学
 山口東京理科大学
 中国電力株式会社
 東芝エネルギーシステムズ株式会社
 長州産業株式会社

EVや蓄電池による分散型エネルギー活用実証試験の開始について

 山口県が事務局を務める分散型エネルギー活用実証プロジェクトチーム(所属:山口県,山口大学,山口東京理科大学,中国電力株式会社,東芝エネルギーシステムズ株式会社,長州産業株式会社他,以下「PT」)では、再生可能エネルギー(以下,「再エネ」)の普及促進と地球温暖化対策の推進のため,天候等で発電量が変動しやすい再エネの有効活用に向けて,電気自動車(以下、「EV」)や定置型蓄電池を遠隔制御で充放電するエネルギーマネジメント実証試験を本年2月から開始します。

 今後普及が見込まれるEVは,再エネ電気を蓄電するなどの蓄電池としての活用が期待されていますが,車としての利用が優先されるため,利用実態に応じた充放電計画を策定する必要があります。本実証では,車両の利用実態を把握し,定置型蓄電池との組み合わせを含めたEVの活用方法を検証します。

 具体的には,山口県岩国総合庁舎他(岩国市)に設置済の太陽光発電設備と定置型蓄電池設備へ新たにEVと充放電設備を組み合わせ,再エネの需給バランス調整等のエネルギーマネジメントをEVの利用実態に応じて行います。併せて,EV導入によるレジリエンスへの有効性やCO2削減等の効果を検証します。

 PTでは,本実証を通じて,地域における再エネの普及促進と分散型エネルギーを活用した脱炭素につながる取り組みを推進してまいります。

 ※山口県が事務局を務め,再エネの普及促進と地球温暖化対策の推進に資する太陽光発電,蓄電池,EVの活用に関する情報共有・調査等を行う「分散型エネルギー活用検討会」の事業を具体化するために,令和3(2021)年4月に設置した実証試験を行う組織

以上

添付資料