Energia 中国電力

島根原子力発電所の安全性<4> シビアアクシデント(重大事故)への対策

  炉心損傷や格納容器の破損などの重大な事故を防ぐ対策です。また,万一重大事故が発生した場合でも,迅速な事故収束に向けた対応を行い,放射性物質の放出による周辺環境への影響をできるだけ抑えるための対策です。

炉心損傷を防止する対策

  原子炉や燃料プールを冷やし続けられるよう ①代替電源の確保 ②代替注水機能の確保 ③補給水・水源の確保等の対策 を行っています。

防止対策① 代替電源の確保

代替電源の確保 イメージ

防止対策② 代替注水機能の確保

代替注水機能の確保 イメージ

防止対策③ 補給水・水源の確保

補給水・水源の確保 イメージ

ページの先頭へ

格納容器の破損や放射性物質拡散を防止する対策

  炉心損傷が発生した場合に,事故がさらに進展するのを防ぐ対策として,①格納容器破損防止対策 ②放射性物質の拡散防止対策 ③免震重要棟の設置 を行い,万全を期します。

防止対策① 格納容器破損防止対策

万一,炉心が損傷した場合でも,原子炉格納容器の破損を防止するため,放射性物質の放出量を大幅に低減するフィルタ付ベント設備を設置します。

格納容器破損防止対策 イメージ

防止対策② 放射性物質の拡散防止対策

放射性物質の拡散防止対策 イメージ 水素処理装置の設置

電源がない状態でも,触媒作用により水素濃度を低減する装置を原子炉建物内に設置

水素の検出装置および放出の手動装置の設置

水素検出器の設置とともに,原子炉建物から水素を放出するため,ブローアウトパネルに手動で操作が可能となる装置を設置

※原子炉建物内で急激な圧力上昇が生じた際に開放し,施設や機器の損傷を防止するために設置されている板

防止対策③ 免震重要棟の設置

万一の事故発生時の対応に万全を期すため,島根原子力発電所では,緊急時対策機能を有する免震構造の免震重要棟を,発電所構内の高台(50メートル)に建設します。
緊急時対策所の設置 イメージ
⇒もっと詳しい安全対策の内容は こちら をご覧ください。