Energia 中国電力

防災等への取り組み

自然災害への対応

  「災害対策基本法」に基づき防災業務計画を作成するとともに,地震,台風,大雪などの自然災害に備え,災害発生時の情報連絡および復旧に関する事項を各種マニュアルに定め,常に防災体制や資機材などの整備を行っています。

  また,近年,日本各地で大規模地震が発生していることや,「南海トラフ地震に係る地震防災対策の推進に関する特別措置法」で中国地方の一部地域が防災対策推進地域に指定されたことなどから,地震津波対策の充実・強化にも取り組んでおり,今後,東日本大震災等を踏まえた必要な見直しを検討し,適切に対応していきます。

地震津波対策の充実・強化の内容
  • 想定地震と津波に対する電力設備等の被害想定と対策の実施
  • 夜間・休日にメールなどにより社員の呼び出しと安否の確認を迅速に行う「緊急連絡・安否確認システム」の活用
  • 本社災害対策本部の情報集約機能・後方支援機能の強化
  • 本社が被災した場合に災害対策本部機能を代替する仮設本部の設置
  • 本社・事業所への災害対策備蓄品・衛星携帯電話の備え付け

総合防災訓練

  自然災害により大規模な停電が発生することを想定した,全社総合防災訓練を毎年実施し,情報連絡や復旧作業等の災害対応が防災業務計画および各種マニュアルにしたがって,安全かつ迅速に行われることを検証しています。

国民保護法に基づく対応

  武力攻撃から国民の生命,財産等を保護し,国民生活等に及ぼす影響が最少となるよう具体的な措置を定めた「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」(国民保護法)に基づき,武力攻撃事態等への必要な措置を定めた国民保護業務計画を作成しています。

新型インフルエンザ等への対応

  「新型インフルエンザ等対策特別措置法」に基づき,新型インフルエンザ等の大流行時においても,電力を安定的にお届けするために業務計画を定め,定期的な訓練の実施などにより,対策の充実・強化に取り組んでいます。