Energia 中国電力

環境保全分野

環境保全

清掃・森林保全活動等

  道路・公園・海岸の清掃や,森林整備などの環境保全活動に取り組んでいます。

公共場所の清掃活動

  2017年10月,玉島発電所と構内グループ企業の社員総勢55人で,発電所の東側を流れる高梁川西護岸の清掃活動を実施しました。清掃場所は釣りのスポットであり,切れた釣り糸や弁当殻などのごみを回収しました。

  2017年10月,東広島営業所の所員およびグループ企業の社員が合同で,営業所周辺の道路清掃活動を実施しました。道路脇や植え込みなどに落ちている空き缶やペットボトルなどを拾いました。

  2017年6月,松江営業所は所員,グループ企業社員および近隣の専門学生と合同で,営業所周辺を流れる天神川の除草作業を行いました。地域の学生とコミュニケーションを取りながら,清掃活動に取り組みました。

  2017年6月,下関発電所および関連会社が協力して発電所近くの長府三軒屋海岸の清掃活動を実施しました。
  この活動は2012年から始めたものですが,2005年には海亀の産卵も見つかり,引き続き海亀が産卵できる環境づくりに貢献するため,毎年活動を継続しています。

森林保全・緑化活動

  2017年11月,地域共創本部の環境計画グループは,環境保全意識を高めていただこうと,第3回「森林イベント」を松江市のふるさと森林公園で開催しました。県内の親子39人が,間伐体験や“森のはなし”を通じて,森の大切さを学ぶとともに,当社の環境への取り組みについて理解を深めていただきました。

  2017年9月,米子営業所とグループ企業関係者など総勢47人が,今年で30回目を迎える「大山頂上保全活動」に参加しました。当日は参加者が土のうを背負って山を登り,登山道の修復などを行いました。
  2018年は大山開山1300年祭であり,今年も9月に活動を予定しています。

花の苗等の植栽活動

  2017年6月,下関発電所の社員が地元の保育園において,園児の皆さんと一緒に花の苗植えを行いました。こまめな水やりと大切に育てていただくことをお願いするとともに, 社員も園児の皆さんとのふれあいで童心に帰れた笑顔いっぱいの活動になりました。

ページの先頭へ