Energia 中国電力

沿革

昭和 26年 5月 中国電力株式会社設立(資本金5億4,000万円)
27年 10月 東京・大阪証券取引所に上場
33年 4月 電力の広域運営体制発足。西地域電力協議会が発足。
34年 6月 火力発電設備が水力発電設備を上回る(火主水従)
44年 7月 当社初の揚水式発電所である新成羽川発電所(出力30.3万kW)が全面運転開始
49年 3月 島根原子力発電所1号機運転開始(出力46万kW)。国内初の国産原子力発電所。
49年 4月 当社初の排煙脱硫装置を水島発電所2号機に設置
55年 3月 50万ボルト変電所・送電線営業運転開始
58年 1月 当社初の外債発行(スイス・フラン債)
平成 元年 2月 島根原子力発電所2号機運転開始(出力82万kW)
2年 11月 当社初のLNG火力である柳井発電所1-1号系列運転開始(出力35万kW)
3年 1月 CI(コーポレート・アイデンティティー)宣言,キーコンセプトを「エネルギア」に
5年 1月 中国電力環境行動計画策定
8年 7月 7月分料金から燃料費調整制度を初めて適用
10年 4月 広島市紙屋町地区で熱供給事業を開始
10年 6月 三隅発電所1号機運転開始(出力100万kW)
12年 3月 改正電気事業法施行,電力小売りの部分自由化がスタート
12年 9月 LNG供給事業を開始
12年 10月 電気料金の改定(平均6.90%引下げ[規制部門])
12年 11月 加圧流動床複合発電(PFBC)方式の大崎発電所1号機運転開始(出力25万kW)
13年 5月 創立50周年,新キャラクター「エネルギアの国の仲間たち」誕生
13年 6月 50万V送電線の第2ルート営業運転開始
13年 10月 全社組織見直しに伴い事業本部制を導入
13年 11月 蒸気供給事業開始
14年 4月 オンサイト熱電併給事業開始
14年 10月 電気料金の改定(平均5.72%引下げ[規制部門])
17年 2月 カスタマーセンターの設置
17年 4月 電気料金の改定(平均3.53%引下げ[規制部門])
17年 4月 電力取引業務の開始
17年 4月 「CSRの取り組みにあたって~CSR実践行動計画~」策定
18年 3月 「エネルギアグループCSR行動憲章」の制定
18年 3月 ブランドスローガン「いいことプラス  エネルギア」の策定
18年 3月 水島LNG基地営業運転開始
18年 6月 新帝釈川発電所の営業運転開始
18年 7月 電気料金の改定(平均2.5%引下げ[規制部門])
18年 11月 絶縁油リサイクルセンター運用開始
19年 5月 柱上変圧器リサイクルセンター運用開始
19年 6月 広島支社を本社へ統合
19年 6月 コンプライアンス経営推進宣言を表明
20年 2月 本社部門の組織再編成
「流通技術センター」
「島根原子力本部」設置
営業拠点の見直し
20年 3月 グループ経営5ヵ年ビジョンの策定
20年 7月 「人材育成ビジョン」「設備ビジョン」策定
20年 7月 岡山パイプライン株式会社の設立
21年 4月 水島発電所1号機天然ガスコンバインドサイクル発電設備の営業運転を開始
21年 7月 Jパワーとの共同出資により「大崎クールジェン株式会社」を設立
22年 6月 「原子力安全文化の日」(6月3日)制定
23年 12月 当社初のメガソーラー発電所である福山太陽光発電所(出力3,000kW)運転開始
26年 12月 オーストラリア ボガブライ石炭鉱山の一部権益を取得(当社初となる鉱山権益の取得)
27年 4月 島根原子力発電所1号機の営業運転終了
27年 9月 日本初のハイブリッド蓄電池システム実証事業を隠岐諸島で開始
28年 1月 新「企業理念」と「中国電力グループ経営ビジョン」の策定
28年 4月 電力小売の全面自由化に伴う新たな料金メニュー・サービスを開始
28年 4月 首都圏で電気の販売を開始
  • 設立当時の本店
    設立当時の本店
  • 新成羽川発電所
    新成羽川発電所
  • 島根原子力発電所
    島根原子力発電所
  • 柳井発電所
    柳井発電所
  • 三隅発電所
    三隅発電所
  • 大崎発電所
    大崎発電所
  • カスタマーセンター
    カスタマーセンター
  • 新帝釈川発電所
    新帝釈川発電所