Energia 中国電力

コーポレートガバナンス

  当社グループは,事業基盤である中国地域における電気事業を中核として,総合エネルギー供給事業,情報通信事業,環境調和創生事業,ビジネス・生活支援事業を戦略的事業領域と定め,トータルソリューション事業を展開しております。
  小売全面自由化をはじめとした電力システム改革の進展など,経営環境が大きく変化していくことが見込まれる中,中国地域のお客さまに引き続き選択していただけるよう,電気料金メニューやサービスの充実に取り組むことに加え,中国地域外や海外を含む新たな成長事業の育成・拡大に取り組むことにより,「地域で選ばれ,地域をこえて成長する企業グループ」を目指しております。
  当社グループとして,株主・投資家のみなさま,お客さま,地域社会,取引先などのステークホルダーの信頼を確立し,こうした目指すべき姿を実現していくためには,経営の透明性・公正性を維持・向上しつつ,経営環境の変化に対する迅速・果断な意思決定を行うことができる体制を構築することが重要であり,以下のとおりコーポレートガバナンスに関する基本方針を定め,その充実・強化に取り組んでまいります。

基本方針

1. 株主の権利・平等性の確保
 当社は,株主のみなさまの権利が確保されるよう適切に対応するとともに,株主のみなさまがその権利を適切に行使できる環境整備を進めてまいります。
2. 株主以外のステークホルダーとの適切な協働
 当社グループの基本的な使命は,事業を通じて,社会の一員としての責務を果たし,社会の持続的な発展に貢献していくことであり,その基盤は様々なステークホルダーからの信頼であるとの認識のもと,ステークホルダーとの適切な協働に取り組んでまいります。
3. 適切な情報開示と透明性の確保
 当社は,財務情報のみならず,経営戦略・経営課題,リスクやガバナンスなどの非財務情報についても,適時・的確に開示し,経営の透明性を図ってまいります。
4. 取締役会の責務
 取締役会は,株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ,当社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上に向け,社外取締役による外部の視点を取り入れながら,経営戦略の策定・実行,内部統制システムの整備・運用等による経営の監督および適切なリスク管理をしていくことで,その役割・責務を適切に果たしてまいります。
5. 株主との対話
 当社は,株主・投資家のみなさまを企業価値向上を目指して事業展開を図る上での重要なパートナーと考えており,当社を取り巻く経営環境や財務の状況,将来に向けた経営戦略等に関する情報を,適時・的確に提供するとともに,双方向のコミュニケーションの充実を図ってまいります。
当社のコーポレートガバナンス体制(2018年4月現在)

当社のコーポレートガバナンス体制(2017年4月現在)

コーポレート・ガバナンスに関する報告書(2018年7月10日) [PDF:287KB]

ページの先頭へ