Energia 中国電力

三隅発電所の概要

出力 運転開始 燃料
1号機 100万kW 平成10年6月 石炭

■発電所紹介
 三隅発電所は,海外から直送される石炭を燃料とする火力発電所です。
 三隅発電所の敷地は約69万平方メートルで東京ドームの約15倍の広さがあり,そのうち25%以上を緑地にしています。
 三隅発電所の特徴として,次のことがあげられます。
 1号機の発電出力100万kW(キロワット)は,日本で一番大きな発電設備のひとつです。
 ボイラで作る蒸気の温度を上げ,タービンの羽根を長くして,従来の発電設備より約2%の熱効率向上を実現した省資源型の発電所です。
 最新の環境保全対策を備えたクリーンコール・テクノロジーで運営する発電所です。
 発電所の景観は,美しい日本海沿岸の風景にマッチしたデザインと色彩で仕上げています。