Energia 中国電力

敷地境界モニタリングポスト

敷地境界モニタリングポスト

原子力発電所では,発電所周辺の放射線の量などを常に計測しています。
発電機出力を含め,これらのデータをリアルタイム(2分毎に更新)でご覧になれます。

敷地境界モニタリングポストに関するQ&A

グラフを表示をクリックすると,それぞれの値の推移(時系列グラフ)をご覧になれます。

  No.1グラフを表示 No.2グラフを表示 No.3グラフを表示
現在の値
(空間放射線量率)
前年度の
変動範囲
  No.4グラフを表示 No.5グラフを表示 No.6グラフを表示
現在の値
(空間放射線量率)
前年度の
変動範囲

風向:

風速:

雨量:

敷地境界モニタリングポスト マップ イメージ

  • モニタリングポストの値は,自然放射線の影響や機器固有の性質等により,それぞれ異なります。
  • 雨や雪が降ると,大気中の自然の放射性物質が雨などと一緒に地上に降って放射線の値が増加しますが,時間とともに減衰していくため,しばらくすると放射線量は元の値に戻ります。
  • データ伝送装置の点検等のため,表示が「調整中」となることがあります。