Energia 中国電力

島根原子力発電所における燃料集合体ウォータ・ロッド曲がりに係る調査結果の中間報告について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

島根原子力発電所における燃料集合体ウォータ・ロッド曲がりに係る
調査結果の中間報告について

 当社は,原子力規制委員会からの指示※1「東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所第5号機の燃料集合体ウォータ・ロッド※2の曲がりについて」(平成24年11月28日付)に基づき,島根原子力発電所の原子炉装荷中および燃料プール貯蔵中の燃料集合体からサンプル抽出を行い,点検を実施しています。
 これまで,1号機の点検対象である23体のうち2体,および2号機の点検対象16体全ての燃料集合体について点検を行い,ウォータ・ロッドの曲がり等の異常がないことを確認し,本日(1月7日),国に中間報告を行いました。
 なお,3号機については,点検の対象となる燃料集合体はありません。
 今後,1号機の残りの燃料集合体(21体)についても点検を実施し,2月上旬に調査結果の報告を行う予定です。

以上

※1 原子力規制委員会からの指示(概要)
 原子力規制委員会は,東京電力株式会社柏崎刈羽原子力発電所第5号機で確認されたウォータ・ロッドの曲がり事象に伴い,沸騰水型原子炉を所有する原子力事業者に対して,以下のとおり対応することを求めている。
1. 原子力発電所の燃料集合体について以下の事項を確認の上,平成25年1月7日までに報告すること。
(1) 燃料集合体の取り替え回数及び製造メーカー
(2) チャンネルボックス※3の新品・再使用品等の区分とその数
(3) 燃料集合体へのチャンネルボックスの取り付け方法
(4) 再使用チャンネルボックスを装着した燃料集合体及び点検等によりチャンネルボックスを脱着した履歴のある燃料集合体の数及び所在場所
2.  再使用チャンネルボックスを装着した燃料集合体及びチャンネルボックスの脱着履歴のある燃料集合体の異常の有無等について,統計上十分なサンプル点検を実施し,その結果についても平成25年1月7日までに報告すること。
3.  原子炉内に装荷している燃料集合体又は今後原子炉に装荷を予定している燃料集合体のうち,再使用チャンネルボックスを装着した燃料集合体又はチャンネルボックスの脱着履歴のある燃料集合体について,当該燃料集合体を装荷した原子炉を起動する前に点検を実施し,その結果について速やかに報告すること。
4.  2.3.のそれぞれの点検において,燃料集合体の異常が確認された場合,その状況把握及び原因究明を行い,その結果について速やかに報告すること。
※2 ウォータ・ロッド
 燃料集合体の中央部に燃料棒と並行して設けられている中空の管であり,内部に水を通すことにより燃料集合体内の出力分布の平坦化を図るもの。
※3 チャンネルボックス
 燃料集合体に取り付ける四角い筒状の金属製の覆いであり,燃料集合体内の冷却材流路を確保するとともに制御棒が移動する際のガイド機能を有するもの。