Energia 中国電力

原子力全般

Q. 原子力発電のしくみ等,原子力について詳しく知りたい。

A. 原子力発電は,原子炉でウランが核分裂する熱を利用し,水を沸かして蒸気に変えます。その蒸気の力でタービンが回り,タービンと同じ軸でつながっている発電機を回して発電します。タービンを回した蒸気は, 冷やして水に戻し,再び原子炉へ送られます。
「水を沸かして蒸気に変えて,蒸気の力でタービンを回して発電する」というしくみは,原子力発電も火力発電も同じです。

詳細については,「原子力発電について」をご覧ください。

質問一覧へ戻る

Q. 島根原子力発電所は東京電力福島第一原子力発電所と同じ炉型(BWR)と聞きました。そのほかにどのようなタイプ(型式)があるのですか。タイプによって安全性に違いはあるのですか。

A. 原子力発電は,核分裂により発生した熱を利用して蒸気を作り,タービンを回して発電しています。原子力発電は,この蒸気の作り方によって「沸騰水型原子炉(BWR)」と「加圧水型原子炉(PWR)」の2つの型式に分けることができます。
BWRとPWRの大きな違いは,BWRは原子炉の中で蒸気を発生させ,その蒸気を直接タービンに送り発電するのに対し,PWRは原子炉で発生した高温高圧の熱湯を蒸気発生器に送り,そこで作られる蒸気をタービンに送り発電する点です。構造はBWRの方がシンプルと言えますが,蒸気は放射性物質を含む水から作られているため,タービンや復水器についても放射線の管理が必要となります。 いずれにおいても,安全性の確保を前提として,稼働率,運転性,信頼性などの向上を図っており,どちらが安全というものではないと考えており,これまでの運転実績においても,安全性,運転・保守時の被ばく,エネルギー効率面において大きな差異は報告されていません。

イメージ

出典:日本原子力文化財団「原子力・エネルギー図面集」

(参考)BWRとPWRの特徴

  沸騰水型原子炉
(BWR:Boiling Water Reactor)
加圧水型原子炉
(PWR:Pressurized Water Reactor)
原子炉の制御 中性子を吸収する働きを持つ制御棒の出し入れと,原子炉内の冷却水量を調節することで,核分裂を制御。 制御棒の出し入れと,原子炉内に中性子を吸収するホウ素を混ぜ,この濃度を調整することで核分裂を制御。
蒸気発生器 原子炉内で直接蒸気を作るため,蒸気発生器は不要。 炉心を流れる水(一次系)とは別の水(二次系)で間接的に蒸気を発生するため,蒸気発生器が必要。 蒸気発生器には多数の細管があり,細管が破損すると,放射性物質を含む水がタービン側に流れ込む恐れがあるため厳密な管理が必要。
タービン建物での放射線管理 放射性物質を含む蒸気を直接タービンに流すため,タービン建物を含め広い範囲で放射線管理が必要。 放射性物質を含んだ一次系の水は,蒸気発生器より外部には流れないため,タービン建物等での放射線管理が不要で,保守点検などの運転管理が容易。
原子炉圧力容器 原子炉内で蒸気が発生するため,炉心のほか気水分離器,蒸気乾燥器などが必要となり原子炉圧力容器が大型になるが,原子炉とタービンの間に蒸気発生器がなく,主な付属設備は再循環配管だけなので構成が簡単。 冷却材が加圧されているので沸騰せず,原子炉内で蒸気が発生しないため,炉心および原子炉圧力容器が小型に設計できる。一方で,設備の厚みを高圧に耐えられるよう厚くする必要がある。
制御棒 板状の中性子吸収体を十字型に組み合わせたものを,炉心の下方から燃料集合体と燃料集合体の間に挿入。 長い中性子吸収棒を上部で束ねた構造で,炉心の上部から燃料集合体の中の案内管(燃料ペレットの入っていない管)の中に挿入。
日本の電力会社の原子炉型式 当社,東北電力,東京電力,中部電力,北陸電力,日本原子力発電 北海道電力,関西電力,四国電力,九州電力,日本原子力発電

質問一覧へ戻る

Q. 島根原子力発電所では,過去にどれくらいのトラブルが発生していますか。また,それらはすべて原因が究明され,改善策がとられていますか。

A. 法令に基づき報告を求められるものとしては,これまでに1号機で17件,2号機で8件の計25件のトラブルが発生しています。これらすべての事案について,原因調査を行い,再発防止のための処置を適切に行うとともに,事案の概要を公表しています。

この他にも,点検不備問題や低レベル放射性廃棄物に係る流量計問題についての原因調査および再発防止対策の実施状況等についても当社ホームページ上で公開しています。

詳細については「点検不備に係る取り組み」,「低レベル放射性廃棄物のモルタル充填に用いる流量計問題について」をご覧ください。

質問一覧へ戻る

ページの先頭へ