Energia 中国電力

使用済燃料・放射性廃棄物の処理

Q. 使用済燃料や放射性物質の処分は,どのように行うのですか。

A. 原子力発電所で発生する使用済燃料は,原子力発電所で貯蔵・冷却されたのち,青森県六ヶ所村にある日本原燃(株)六ヶ所再処理工場へ搬出します。その後,再処理工場で使用済燃料からプルトニウム等を抽出の上,MOX燃料(ウラン・プルトニウム混合酸化物燃料)に加工し,原子力発電所で再利用することとしています。使用済燃料のうち,95~97%を再利用することができます。残りの5~3%は,高レベル放射性廃棄物(廃液)として,ガラス固化体にして地層処分する計画です。

原子力発電所の運転に伴い発生する高レベル放射性廃棄物の処分については,発生責任者である当社としても,国や関係機関等とも連携しながら,積極的に取り組んでまいりたいと考えています。

また,原子力発電所では,放射性物質を含んだ気体,液体,固体の低レベル放射性廃棄物が発生します。これらはすべて,発電所内の廃棄物処理設備で安全に処理し,気体および液体の一部については,安全を確認したうえで放出し,固体については,ドラム缶に詰めて発電所構内の固体廃棄物貯蔵所で厳重な管理のもと一時保管することとしています。その後,このドラム缶は,青森県六ヶ所村の低レベル放射性廃棄物埋設センターに運び埋設します。

詳細は,環境@エネルギー「放射性廃棄物の処理・処分」や,NUMOのホームページをご覧ください。

質問一覧へ戻る

高レベル放射性廃棄物の地層処分に関するお問い合わせ窓口

  当社は,事業活動に伴い生じた高レベル放射性廃棄物の発生者として基本的な責任を有する立場から,同廃棄物の最終処分について,国や原子力発電環境整備機構(NUMO)と連携を図りながら,国民の皆さまへの情報発信等を通じた理解活動を行っております。
  高レベル放射性廃棄物の地層処分に関するお問い合せにつきましては,処分事業の実施主体であるNUMO(原子力発電環境整備機構)が主たる窓口となっていますが,当社におきましても以下の窓口で対応させていただきます。なお,お問い合せ内容につきましては,NUMOから直接回答となる場合や,NUMOの窓口をご紹介させていただく場合もありますので,あらかじめご了承ください。
科学的特性マップについては,経済産業省 資源エネルギー庁「科学的特性マップ」特設ページに公開されていますが,以下からも参照いただけます。

科学的特性マップ : カラー版 [PDF:4,174KB]    白黒版  [PDF:7,229KB]

地層処分に関するよくある質問については,「地層処分ポータルサイト」または「電気事業連合会ホームページ」をご覧ください。

受付時間は,月曜日~金曜日(祝日,年末年始,5月1日を除く)10時~12時・13時~17時となっています。お問い合わせの際は,電話番号をよくお確かめのうえ,おかけください。

NUMO(原子力発電環境整備機構)地域交流部
所在地 : 東京都港区芝四丁目1番23号三田NNビル2階
電話番号 : 03-6371-4003

当社のお問い合わせ窓口(県別)
  当社問い合わせ窓口 所在地 電話番号
鳥取県 鳥取支社 広報グループ 鳥取市新品治町1番地2  0857-36-7006
島根県 島根支社 広報グループ 松江市母衣町115番地 0852-32-0618
岡山県 岡山支社 広報グループ 岡山市北区内山下1丁目11番1号 086-222-8925
広島県 地域共創本部 エネルギー広報グループ 広島市中区小町4番33号 082-544-2850
山口県 山口支社 広報グループ 山口市中央2丁目3番1号 083-924-2944

ページの先頭へ