Energia 中国電力

既存系統設備の有効活用に向けた「N-1電制」の先行適用開始について

  • HOME
  • お知らせ一覧
  • 既存系統設備の有効活用に向けた「N-1電制」の先行適用開始について
お知らせ

中国電力株式会社

既存系統設備の有効活用に向けた「N-1電制」の先行適用開始について

 当社は,電力広域的運営推進機関(以下,「広域機関」という。)において「N-1電制」の先行適用開始日が決定されたことを踏まえ,本日(10月1日)から,新たに特別高圧系統に連系する電源に対し,「N-1電制」の先行適用を開始いたしますのでお知らせします。

 「N-1電制」とは,再生可能エネルギーの導入拡大などに対する既存系統設備の有効活用を目的に,電力系統を構成する電線路1回線,変圧器1台等の単一設備故障時にリレーシステムで瞬時に電源制限を行うことで運用容量を拡大する取り組みで,電力系統利用の円滑化および低廉化を目的とした流通設備効率の向上を図るために広域機関を中心に議論が進められてきた「コネクト&マネージ」の取り組みの一つです。

 当社は,引き続き,再生可能エネルギーの導入拡大に向け最大限協力してまいります。

※ 「コネクト&マネージ」とは,系統の空容量を柔軟に活用し,一定の制約条件の下で系統への接続を認める仕組みです。
「N-1電制」のほか,系統混雑時の出力抑制に合意した新規電源が設備増強せずに接続することを可能とする「ノンファーム型接続」があります。

以上