Energia 中国電力

米国オハイオ州天然ガス火力発電事業への出資参画について

EnerGia 報道資料

中国電力株式会社

米国オハイオ州天然ガス火力発電事業への出資参画について

 当社は,米国オハイオ州における天然ガス火力発電事業へ出資参画することとし,6月27日に,当社子会社※1を通じて,本事業の10%の権益を取得する売買契約を,本事業の開発事業者であるAdvanced Power社※2の100%子会社と締結しました。本事業は,クリーンエナジーガス火力発電事業(コネチカット州)に続き,当社の米国における2件目の発電事業となります。

 本事業では,South Field Energy LLC(サウスフィールドエナジー社)※3が新設するサウスフィールドエナジー発電所(建設工事中,2021年運転開始予定)で発電した電気を,米国最大の卸電力市場であるPJM※4を通じて売電する予定です。

 当社は,持続的な成長のための収益基盤の確立に向け,海外電気事業を成長事業の一つと位置づけ,これまで培ってきた電気事業の知見を活用し,継続的に出資参画を進めていきます。

 

※1 当社100%出資の現地法人「Chugoku Electric Power America, LLC(CEPA)」。
※2 スイスに本拠を置く大手発電ディベロッパー。
※3 本発電所を建設,運営する米国の発電事業者。
※4 米国の卸電力市場の一つ。正式名称はPJM Interconnection LLC。