Energia 中国電力

原子力安全文化有識者会議とは

 平成22年6月29日,島根原子力発電所の点検不備に係る再発防止対策のうち,「原子力安全文化醸成活動の推進」等に資する体制整備として「原子力強化プロジェクト」(※)および「原子力安全文化有識者会議」を設置しました。
「原子力安全文化有識者会議」は,原子力強化プロジェクト長の諮問機関として,社外有識者を中心に構成しており,「原子力強化プロジェクト」の検討事項等に対し,第三者の視点からの提言をいただきます。
また,提言の概要や原子力安全文化の醸成に向けた取り組み状況について,積極的に公開します。

(※)原子力強化プロジェクト・・・ 原子力安全文化醸成に関する地元の皆さまのご意見や関係会社・協力会社を含めた発電所員の声を収集・分析し,必要となる施策を検討するための社長直属の組織。

構成

○社外委員

(50音順,敬省略)
氏名 役職等
梅林 益美 ( うめばやし ますみ ) 環境とエネルギーを考える消費者の会「えこはーもにぃ」代表
亀城 幸平 ( かめぎ こうへい ) 鹿島自治連合会会長
高尾 雅裕 ( たかお まさひろ ) 山陰中央新報社 論説委員長
高橋 万夫 ( たかはし かずお ) 島根県商工会連合会 専務理事
豊田 有恒 ( とよた ありつね ) 島根県立大学名誉教授
野津 寛美 ( のづ ひろみ ) 米子商工会議所 女性会会長
山浦 一保 ( やまうら かずほ ) 立命館大学 准教授(スポーツ健康科学部・同研究科)

社内委員・・・ 開催の都度,幹事である原子力強化プロジェクト長がメンバー(役員2名程度)を選定する。

活動内容

以下の内容について,第三者の視点から提言等をいただきます。
  • 原子力安全文化の醸成に向けた取り組みに対する提言
  • 再発防止対策の実施状況の確認・助言

開催頻度

年2回程度(初年度(平成22年度)は四半期に1回)

<参考>原子力安全文化有識者会議 開催内容

前のページへ戻る